製品情報

EVANS製品のご紹介

EVANSウォーターレス(無水)クーラントは、水で希釈しない新しいクーラントです。

EVANSウォ-ターレスクーラントは水で希釈せず原液をそのまま使用するため、従来の希釈型クーラント(LLC、SLLC)では解消しきれなかった、オーバーヒート、凍結対策、 金属腐食、圧力負荷によるパーツダメージなど、水が原因で発生する様々な冷却系統トラブルを根本的に解消します。ドリフト、ラリーなど強力な冷却性能が必要な方、交換パーツを見つけることが非常に大変なクラシックカーにお乗りの方、細かいメンテナンスが必要な外車にお乗りの方、EVANSウォーターレスクーラントが、あなたの悩みや手間を解決します。

EVANSウォータレスクーラントは

凍結しない!
オーバーヒートしない!

メディア

EVANS製品は多数の雑誌・メディアに取り上げられてます。

「JAFモータースポーツ 5月号」広告掲載
2016-04-14

「JAFモータースポーツ 5月号」広告掲載

「JAFモータースポーツ5月号」にEVANS(エバンス)ウォーターレスクーラントの広告が掲載されました。

View more
「プレイドライブ 5月号」でエバンスクーラント解説
2016-04-01

「プレイドライブ 5月号」でエバンスクーラント解説

プレイドライブ 5月号で、EVANSウォーターレス(無水)クーラントを紹介いただきました。 EVANS製品の特徴やメリットなどを、詳...

View more
「JAF モータースポーツ 4月号」広告掲載
2016-03-30

「JAF モータースポーツ 4月号」広告掲載

「JAFモータースポーツ 4月号」に、EVANS(エバンス)ウォーターレスクーラントの広告が掲載されました。

View more
「DIRT SPORTS 1月号」でパワースポーツが紹介されました。
2015-11-26

「DIRT SPORTS 1月号」でパワースポーツが紹介されました。

無水クーラント上陸紹介記事第2弾! 『EVANSって何だ?』が、「ダートスポーツ1月号」で紹介されました!! 編集部の皆さん、協力...

View more
「GARRRR 12月号」でパワースポーツが紹介されました。
2015-11-06

「GARRRR 12月号」でパワースポーツが紹介されました。

「GARRRR 12月号」”GOODS REVIEW”コーナーで、無水レーシングクーラント・パワースポーツが紹介されました。 レビュ...

View more

取扱店

全国のEVANS取扱店

新着

全国のEVANS販売店情報

地域 店舗名 取扱商品
香川県 Max Powered EVANSの取扱開始
奈良県 ハスクバーナ奈良 EVANSの取扱開始
島根県 渡洋自動車整備工場 EVANSの取扱開始
神奈川県 ジェフ(JEF Jaguar Engineer Factory) EVANSの取扱開始
千葉県 TOMO RACING SERVICE EVANSの取扱開始
富山県 K-one TOYAMA EVANSの取扱開始
神奈川県 モトショップ多摩 EVANSの取扱開始
高知県 オートアドバイス テクニクス EVANSの取扱開始
山口県 モトシーズン EVANSの取扱開始
山口県 ライドエフ EVANSの取扱開始

取扱店様募集中

EVANSウォーターレスクーラントをお取り扱いいただける法人様を、全国から募集しております!お問い合わせ、お申し込みは下記から!

FAQ(よくあるご質問)

皆様からいただいておりますご質問をまとめております。お答えが無い場合、弊社までお問い合わせください。

EVANS(エバンス)ウォーターレスクーラントとはなんですか?

EVANSウォーターレスクーラントとは、その名の通り水を使わない新しいクーラントです。
LLC、SLLCなど従来のクーラントは原液を水で薄めて注入するため、安価で手に入れることが出来ますが、混ぜた水が原因となり、高温時や高負荷時の冷却性能の低下、極寒時のクーラント凍結、ラジエーター内圧力の上昇、金属パーツの劣化や腐食といった問題が発生します。
EVANSウォーターレスクーラントは、水で薄めずに原液をそのまま使用するため、上記のような水が原因で発生する冷却系トラブルを根本的に解消する、全く新しいクーラントです。

EVANSウォーターレスクーラント(WLC)は従来のクーラント(LLC、SLLC)とどのような違いがありますか?

水で薄めず、原液そのままで使用することが、大きな違いです。
【従来のクーラント(LLC、SLLC)】
原液に水を加えて(希釈)濃度を調整して使用します。希釈率は、使用地域の温度や走行ステージによって異なるため、
定期的なメンテナンスが必要となります。
現在、そのまま使用できるLLCがありますが、精製水によって希釈済みの状態で販売されている製品です。

【EVANSウォーターレスクーラント(WLC)】
LLC、SLLCと違い、水で薄めず(希釈せず)、原液をそのまま使用します。
原液をそのまま使用することで、水が原因で発生する冷却系トラブルの根本的解消となります。

EVANSウォーターレスクーラントを使うメリットはなんですか?

水を使用しないことから、下記のようなメリットがあります。

1) 高温環境や、高地での沸騰点低下時でも沸騰を起こさず安定した冷却能力が確保できる
EVANSウォーターレスクーラントは水を使用していないため、非常に高い沸点を実現しています。(約190℃)
このため、高温環境時、高負荷時、高地での沸騰点低下時でもクーラントは沸騰を起こさず、安定した冷却能力を発揮します。
また、沸騰しないことから、エンジン停止後のアフターボイルも発生しません。

2)極寒状況でも凍結しにくい
EVANSウォーターレスクーラントの凍結温度は-40℃以下のため、北海道や東北地方といった極寒地でもクーラントの凍結は、ほぼ発生しません。

3)金属腐食、劣化を防止できる
エンジン部やウォーターポンプで、水に接している部分においてキャビテーションを抑制できるので金属の減肉や摩耗などによる劣化を防止できます。

4)冷却系統内の圧力が上がらない
圧力上昇の原因となる水の蒸発がそもそも発生しないので、高温時でも圧力が増加しません。
そのため、ホースやシールの寿命が延び、メンテナンスコストを低減できます。

5)変質劣化が起こらない
独自の混合方法により、化学的に安定しており、クーラント液自体の変質劣化が発生しません。
この安定性はエンジン停止時も発揮されるため、長期間放置されることがある車両にとっても、非常に有効です。

EVANSウォーターレスクーラントを使った場合のデメリットはありますか?

特にデメリットはありません。

1)水は安価で熱伝導率の良い冷却剤ですが、沸騰すると極端に熱伝導率が悪化し、冷却性能上で大きな問題となります。
一方、EVANSウォーターレスクーラントは温度に関わらず安定した熱伝導率を得ています。

2)EVANSウォーターレスクーラントを使用すると、エンジン油温と冷却材温度がわずかに上昇します。
この温度上昇は運転条件の負荷変化や、季節の冬季/夏季の温度差、あるいは地理的な緯度の差による温度変化の範囲内にあり、
機械的/化学的な影響は無いと考えています。

交換するEVANSウォーターレスクーラントの量は従来クーラントと同じで良いのですか?

従来クーラントと同じく、その車輌に必要な量を入れてください。
車輌に必要な量は、車輌のマニュアル等でご確認ください。

Facebookはじめました!エバンスジャパン